セラミドが足らないとどうなる?初期のしわ対策!

セラミドが足らないとどうなのでしょうか。

 

セラミドは、角質の間にある脂質です。
その脂質は、肌の水分を保持している重要な役割を果たしているのです。

 

その脂質であるセラミドが足らないと、肌をミクロな視点で見てみると
とても角質細胞がくずれグチャグチャな状態になっています。

 

この状態は、肌のきめもないため、しわができやすい状態になっているのです。

 

しかも外的な刺激を守るのに十分ではないので、シミやかゆみ、肌荒れなどもできやすい状態と言えます。
このような状態は、明らかに肌が健康とは言えないものなのです。

 

この状態を放置していると、若々しさはなくなり年を取ってしまった印象になってしまいます。
セラミドは、肌の健康と年齢の印象にとっても重要なものです。
しっかりとしたケアが必要ですので、最近肌がなんとなくかさかさしているな、とか、顔洗った直後に肌ガチクチクしたりしたら、早く対策を始めないと、小じわやシミの原因になり、まだ若いのに、肌の色が黒ずんだり、ほうれい線が深くなったりしてしまう事態になってしまうのです。

 

まずは良質の洗顔でしっかり汚れをとり、水分をしっかり与え、保湿してあげてください。

 

スキンケア効果高い!洗顔石鹸

素肌美 ヴァーナル

 

乾燥肌に!ナノエモリエントジェル(オールインワンジェル)
贅沢保湿。透明で濃厚なオールインワンジェル「コウベビューティー ナノエモリエントジェル」

洗顔後1つでたっぷり保湿

 

セラミドが足らなくなる原因って?